N43° note

北の大地発 お気楽ブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | コメント: -- | edit

雪の降る町 


































周平さんより雪の降る町を見てみたい とのリクエストを頂いたのですが、時間がなかなか取れないもので、
これで勘弁ってわけでもないのですが2010年の画を数点アップしてみました。
以前のブログからのお知り合いの方も居るので、少々色合いを変えてみたのですが、以前の方が私好みかもしれません。
画の下の★をクリックして頂けると以前のブログの画が見れますので、宜しければご感想などをよろしくです。






にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
スポンサーサイト
thread: 街の風景 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: 19 | edit

癒し火 
































すべてが手作りのこのイベント、只々癒されました。 





にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
thread: 心に残る風景 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: 10 | edit

小樽運河 


日没30分後の運河です。 ほぼ毎年行っている運河ですが、やはり何度見ても良いものです。



イベント中の運河に行くと、いつも同じ言葉が背後から聞こえる。
『すごーい! きれーい!』 『浮いているのはなあに? ろうそく?』『寒いけど来て良かったね! ほんと幻想的!』 
etc etc・・・。

でもね? そんな賛美の言葉の後に必ずといって良いほど、小さな声で囁かれる言葉があるんだ。
『一番前に陣取っている人たちはいったい何なの!?』 『ねぇー お父さん抱っこしてよ! 見えない!!』 
etc etc・・・。


暗くなってくると、決まって2重、3重に人垣が出来るこの場所。
そして決まって1番前に陣取っているのは着膨れして横幅がいつもよりある我々カメラマン。

以前のブログでも同じような事を書いたことがあるけど、この場所はおまえ等だけの場所じゃない! 
シャッターを切らない時間があるなら、少しの間だけでもその場所を離れろよ!
小さな子供や背後から見えないの声を聞いたら、少しの間だけでもその場所を離れろよ!  しゃがんでやれよ!


私の知る限り北海道ではまだ聞きませんが、本州では三脚禁止の場所が年々増えているとか・・・。  
そりゃそうでしょう 三脚を立ててその場を離れないカメラマンたちは邪魔以外の何者でもないですもんね。

出来る事からやっていきましょうよ。
なにも難しい事じゃないんだからさ。






しっかりとタグ付けしていなかったもので、ざっくりとですが以前のイベント期間中の運河はこちら




にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
thread: 街の風景 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: 8 | edit

小樽散歩 

小樽オルゴール堂本館を出た後は本来の目的地の運河に向かうだけです。
IMGP0375b.jpg
ドゥーブルフロマージュがうまぁ~ のLeTAO本店



IMGP0378b.jpg
LeTAO Le chokolatのイケメンお兄さんとルタオ食べた~い!の石田純一さん




IMGP0379b.jpg
雪が積もったベンチ



IMGP0399b.jpg
雪だるまがいっぱいあった大正硝子館



IMGP0400b.jpg
ここを左に曲がれば目的地の運河が見えてくるはずです。




にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
thread: 街の風景 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: 2 | edit

小樽堺町通り 


目的のライトアップされた小樽運河にはちょっと時間が早かったもので、運河から程近い堺町通りを散歩してきました。









小樽に行った時には必ず寄ってしまう小樽オルゴール堂。 ここは撮影可なのが魅力です(笑)





かわいいオルゴールが所狭しとおいてあります。





でも、この日はいつも以上に人が多く、約15分で退散です。





出口に向かう途中、 おぉ~ 超リアル!   ではなく、爆睡中の外人さんを発見です。
かなりお疲れのようで、寝息がここまで・・・。




にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
thread: 街の風景 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: 2 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。