N43° note

北の大地発 お気楽ブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | コメント: -- | edit

なみだ。 

b.jpg
小指の骨(露出部ではなくて甲の中の骨)を折ってしまいました。
全快するまで暫くブログは休ませて頂きます。
そして、頂いたコメントの返信は少々遅れます。
ご勘弁ください。






スポンサーサイト
thread: とほほ・・・な日々 | janre: 心と身体 |  trackback: -- | コメント: 18 | edit

想い。 


自分の実力以上のものが、なぜか撮れてしまった時。 人々は奇跡の1枚なんて言いますが、
私にとっての奇跡の1枚は、この画だったりします。

この画は2008年、私が始めて夜の撮影に挑戦した日に撮れた画なんです。
まさに奇跡の1枚。 薄っぺらではありますが、私の写真人生を変えた一枚といってよいかもしれません。







キーンとしばれた朝の空気にほんのりと色づいた空。  
なんて事ない画ではありますが、この画はなぜか気に入ってる画です。






哲学の木にピントはあっていませんが、この画もお気に入りの1枚。
自宅に帰り、月の下の星を必死になって調べたっけ・・・  
哲学の木、月、金星が唯一1枚の画に納まっている画です。







今も使っている、PENTAX K-7ではじめて写した哲学の木。
このときの雲は最高でした。 この画を見ると今でもワクワクしてしまいます。






IMGP0746.jpg
樹齢80年とか120年とか言われていますが、どんなに冷え込んだ朝でも、なぜか生命力を感じてしまうこの姿。 
私は葉がある時期より葉の無い時期の哲学の木の方が好きかも知れません。







哲学の木からちょっと離れますが、この木は美瑛町にあるクリスマスツリーの木。この画も私にとっては奇跡の1枚。
画の中にはこれから昇るであろう太陽の光があったり、月があったり、オリオン座があったり、、、、
この画を撮ったのは11月だったけれど、クリスマスにピッタリの画が撮れたと妙にはしゃいでいた自分を思い出してしまいます。







私の記憶違いでなければ、この年以降クリスマスツリーの木+キガラシの組み合わせは存在していないはず。
モクモクと湧き出た右側の雲もとっても印象的で、彩度あげあげ+HDRで派手派手仕上げをしてしまった1枚。








いつもは午後の3時頃に帰路に付く為、美瑛で夕陽を見たことが一度もなかった私。
そんな私がどうしても撮りたかったのが、クリスマスツリーの木と夕陽との絡み。
この画は昨年の7月、その念願が叶いようやく手にした一枚。


実は、facebook内では結構拡散されており、多くの人が目にしてると思うけど、
哲学の木は畑の中に立っています。 その畑には当然ながら所有者が居ます。
その所有者さんが哲学の木の伐採を真剣に考えているそうです。
① 哲学の木の真下まで車を乗り入れた人がいた。
② キーを付けておいたトラクターに乗り込み、運転しようとしていた人がいた。
② 所有者の許可を得ず、勝手にトラクターに乗り込み記念写真を撮ろうとしていた。
この2つが伐採を考えている大きな理由らしいのですが、、、、、

なんかとっても悲しくってね 俺。
たとえ畑の中に道が付いていたとしても、その道の手前に立ち入り禁止の看板があれば、
少しでも常識のある人間であれば、徒歩でさえもその道を歩かないものではないでしょうか?
撮影の邪魔? それとも哲学の木とトラクターを絡めて撮りたかった?
自制心がまったく無い昆虫ですか? それとも単細胞のゾウリムシ? アメーバ?

例年どうりであれば、11月、12月は忙しいんですよ。
哲学の木に会いにいきてぇな~~~
哲学の木を愛する者の一人として、どうかこれからも今のままの哲学の木でいて欲しいです。





哲学の木、、、、  写真でしか見たことが無い人っていっぱいいますよね?
木以外の対象物がないと、その大きさってなかなか分からないと思います。
なので、1枚だけ対象物付きの画を載せておきますね。

どうです? 想像よりすっごく大きな木でしょ?
私もこのとき初めて、こんなにも大きな木だったんだ、、、  と気付いたんですよね。
ちなみにこのアホ、、、  自分が悪い事をしていた。 と100%確信していたのでしょう。
このアホは自分の車に戻るまで、一瞬たりとも私と目を合わせませんでした。
旭川ナンバーのBMW X3 とってもかっこよかったですよ!  アホさん!(ワラ




最後になりますが、クリスマスツリーの木が立っている土地の所有者さんも、
悲しい事に同じような理由で怒っていらっしゃるようです。 
2010年に伐採された、富良野・麓郷にあったメルヘンの木と同じ運命をたどらないよう、
もしかすると、もう手遅れなのかもしれませんが、一人ひとりが気をつけてもらいたいものです。









にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
thread: 独り言 | janre: その他 |  trackback: -- | コメント: 24 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。